室外機に巣を作る前に鳩対策を行なう

室外機に巣を作る段階になると、自身で鳩対策をするのは難しくなります。鳩は、住み着く際に段階を追うので、その段階に合わせた鳩対策をして被害を抑えましょう。

鳩の動きに合わせた対策方法

休憩のために利用

休憩をするために、短時間だけ室外機の近くに来る場合は、それほど被害は大きくありません。ですから、この段階で鳩対策をしておけば、被害の拡大を防げます。鳩がよく休憩をする手すりや、室外機周辺などにスプレーを噴射します。スプレーは揮発性なので、効果持続時間は短いですが、繰り返し行なうことで鳩を寄せ付けないようにすることができます。

待機場として利用

鳩が安心できる場所として認知すると、餌を待つ場所や仲間を待つ場所として活用し始めます。この段階は、糞の量も増加するので、干している洗濯物が汚れることもあります。この段階に友好的な鳩対策は、剣山です。ベランダの手すりや室外機の上など、鳩が止まる場所に設置することで、物理的に止まらせないようにすることができます。ただ、素材が柔らかかったり丸かったりすると、その上に止まることもあるので注意しましょう。

長時間滞在する場として利用

待機場として安心して利用できることを確認した鳩は、周囲3方向が囲まれている室外機の裏などをねぐらとして活用し始めます。長時間滞在するので、騒音や大量の糞など大きな被害を受けてしまいます。長時間鳩が滞在しているなら、ジェルタイプの忌避剤を使って鳩対策を行なうと良いでしょう。ジェルタイプの忌避剤は、効果が1年以上と長く継続します。

室外機の近くに巣を作ってしまう

長時間滞在している鳩を放置すると、最終的に巣作りをし始めます。この状態になると、帰省本能や縄張り意識があるため、簡単に追い払うことはできません。市販のグッズで鳩対策するのは難しいので、業者に依頼して駆除してもらわなければなりません。

TOPボタン