ベランダにある室外機の裏は狙われやすいから要注意

正しい鳩対策を行なうために確認しておくべき注意点

室外機を守る鳩対策の注意点

鳩対策を行なうためには、正しい方法で対策する必要があります。間違った方法で対策しても、効果はありません。こちらで正しい鳩対策の方法を確認しておきましょう。

正しい鳩対策が重要


鳩の糞の掃除で気をつけることは何ですか?
鳩の糞を掃除する際は、病気の原因となる菌やダニ、ノミなどを吸い込まないようにすることが大切です。呼吸器官から感染するクリピトコックス病に感染する恐れや、ダニやノミなどが原因でぜんそくやアレルギーを引き起こすこともあるので気を付けたほうが良いです。大量の糞がある場合は、健康リスクが考えられるので、自分で掃除するのは止めたほうが良いです。業者は、鳩の糞を掃除するサービスも行なっているので、有効活用しましょう。
鳩除けネットを仕掛ける際の注意点はありますか?
ネットの張り方を間違っていると、鳩は侵入してしまうので、注意したほうが良いです。執着心が強い鳩は、少しの隙間があるだけでも、そこから侵入しようとしてきます。また、ネットが固定されていない場合も要注意です。ネットを垂らすだけで、固定されていないとネットが動くので、無理やり体をねじ込もうとするのです。
ネットを使って鳩対策を行なう場合は、鳩が侵入できる隙間は作らないようにしたり、ネットを固定したりするようにしましょう。
室外機の近くに巣を作らせないようにするにはどうしたらいいですか?
室外機付近に巣作りをさせないためには、こまめに清掃を行なうことが大切です。鳩は、人間が来ない場所を選んで、巣を作ります。そのためベランダを全く利用しなかったり、長期間掃除をしていなかったりすると、巣作りの場所として狙われやすくなるのです。
こまめに清掃をして、人の気配を感じさせるだけでも、室外機の近くでの巣作りを防止できます。
また、ベランダに物を置かないことも大切です。鳩の巣は見えにくい場所に作られるため、ベランダに物があり、死角ができていると巣作りのターゲットになってしまうのです。
このような対策を行なうだけで、巣を作らせないようにすることができます。

TOPボタン